髪のおしゃれをエクステで楽しむ

エクステは自分の毛に結びつけます

エクステには、人工毛とヒューマン毛があり、自分の髪の毛に結びつけることでショートヘアの場合でもロングヘアにすることができます。
エクステをしている時は髪の毛を通常通り洗うことができ、髪の毛をカールさせたり結ぶことも可能です。
髪の毛を洗髪しないと頭皮のトラブルにつながります。
洗髪の際はシャンプーをしっかり行い、洗い残しがないようにシャンプー剤などを洗い流すことがポイントです。
エクステをつけたら2ヶ月に1度は外すようにします。
髪の毛が成長し約2ヶ月経つと綺麗なスタイルを保つことが難しくなります。
2ヶ月に1度は外すこと髪の毛や頭皮にも良いことです。
編み込み方は、三つ編みにしてゴムで結ぶ方法と四つ編みにしてゆるむことを防ぐ方法があります。
三つ編みの場合は1人でできますが、四つ編みは1人で行なうことは難しいため2人で行ないます。
ヒューマン毛はカラーリングやパーマが可能です。
しかし。
自分の髪の毛についている状態で施術することは避けます。
カラーリングなどで使用する薬剤がしっかりと洗い落とすことができずに頭皮トラブルにつながります。
エクステにカラーリングやパーマを行ないたい場合は、髪の毛から外すか種類を変えて行ないます。

エクステと結びの部分について

エクステは、人工の髪の毛を、本物の髪の毛に結び、理想の髪の長さに変えていく方法です。
長く良い状態を維持したいと考えたら、編み目を大切にする事が重要になってきます。
ブラッシングをする時、粗めの専用のブラシを使うようにすると、編み目に引っかかりにくく、ほどけにくい状態を作れます。
更に髪の毛を洗う時も、髪の毛を洗うのではなく、頭皮のみを洗うようにし、すすぐ時は、下を向かずに上を向いて流していくようにする事で、もつれにくい状態を作れます。
そして大切にしておかなければいけないのが、眠る時です。
三つ編みをし、毛先を守った状態で寝るようにすると、寝ている間に寝返り等をうっても、髪の毛が乱れる事が少なく、編み目にかかる負担を減らしていく事が出来ます。
こうしたケアを毎日続けるだけで、編み目がほどけにくい状態となり、綺麗な状態で、エクステを維持していく事が出来ます。
エクステをつけたら、編み目を大切にしておく事が重要になってきます。

Valuable information

最終更新日:2017/4/11